TOOL

ARTICLE

〜第3の目〜

全国のコーヒーファンの皆様

おはこんばんにちは

makotoです。

さてついに11月も終わり
平成最後の(連発注意ワード)年末を迎えますね

つい3日前ですが
大きなお買い物をしてしまいました

なんと一眼レフを購入したのです!

前から欲しかったんですけど
悩みに悩んで
ついに購入

理由はいろいろありますが
写真を綺麗に撮りたいっていうよりも

写真を形にして残したいっていうのが大きな理由です

もちろんアイフォンで撮影した写真も現像すれば写真になりますが

やっぱりどうせ写真に残すなら少しでも画質のいいやつがいいですよね

愛娘の写真を撮りまくりますよ( ´∀`)

しかし写真を撮るセンスは実は僕よりも嫁さんの方があります

そのうちカメラ奪われるかも笑

カメラを購入した当日、
テンション上がりまくって3時間くらい街中をうろついてパシパシ写真を撮っていて

ハッと気づいたことがあります。

今まで休日といえばだいたい決まったパターン(ルート)で時間を消化するという流れでした。

しかもなんなら他のコーヒー屋さんを巡って
嫁さんと半分仕事みたいな感じで
休みつつも仕事のことが頭にちらつくことばかりでしたが

写真を撮りに歩く
写真写りの良さそうな環境を探す

といった
全く仕事とは関係ない行動をすることによって

完全に頭で仕事のことを考えない休日を過ごすことができたのです

これ、すっごく大事なことだと思いました。

四六時中仕事のことばかり考えていてはストレスも溜まりますし
良いものって生まれにくいんです。

得てして全く違う業種から大きなヒントを得たりするもので

リフレッシュできる時間が長ければ長いほど
良いパフォーマンスを生み出すことができます。

さて
今日本は労働力不足や不景気の影響で
たびたびテレビなどでも「働き方改革」という言葉を目にしますが

もはやどんなに優秀な企業でも
100%政府が理想とするモデルの「働き方改革」というものはできないと思います。

なぜならそれが日本人の美徳だからです。

「誰よりも丁寧な仕事をする」
「他には負けたくない」
「環境のせいにしない」

こういう上昇志向が全国民に植え付けられているなか

もっと休んでください!
なんて言ったら日本人は意地になってもっと働いてしまいます笑

男なんて特にそうです
あいつには負けたくない

っていう気持ちが強いから
休め=その分働け って聞こえてくるんでしょうね笑

じゃあどうするかって言ったら簡単です

「休み方改革」をするんです。

従来の通り休みの日数などは変えません(変えられませんの方が正しいかな)
たくさん働く分
「思いっきり休みを楽しむ」

これしかない

こっちの方が取り組みやすいし

生産性上がると思うんですよ僕は

例えば
①1週間の海外旅行(完全プライベート)を義務付ける
②キャバクラ5件以上いく
③100人規模の合コンをする
etc…

もうね、僕は根がアホだから
こういうアホなことならあと1000個ぐらい案出せるよ笑

よく頭のいい人たちは
「実りある良い討論を」とか
「建設的な議論を!」
とかって言ってますけど

仕事柄仕方ないかもしれませんが
だんだんずれて討論とか議論が目的になってきちゃってて

そうじゃなくて
大事なのは「良い結果を出すこと」

なんです。

柔軟な考えというのは
全く違うジャンルから流れ込んできます。

例えば僕は今コーヒーの味わいを決めるとき

ボルドーワインみたいな重厚な感じにしたいな  とか
あの白ワインのマスカットみたいな味を出したいな  とか
このアーティストのこの曲をイメージした味にしよう

といったように

全く関係ないものを結び付けようとすると

意外と共鳴したりします

それが面白くなってきて
仕事が楽しく感じてきます

例えば写真を撮りに出かけて

綺麗なひまわりの写真を撮れたとしたら

こういう美しさをラテアートで表現できたらな

なんてかっこいいこと考えたり笑

さて例のごとく話はまとまりませんので

伝えたかったことを箇条書きにします(結局かよ笑)

① たくさん働いて良いパフォーマンスを出したいならたくさん休め
② ヒントは他ジャンルにあり
③ 自分を客観的に見つめよ
④ 楽しく仕事しよう

そんな感じです!笑

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

© Copyright LIFE cafe & bar all right reserved.