TOOL

ARTICLE

〜視覚効果絶大〜

全国のコーヒーファンの皆様

おはこんばんにちは

makotoです

さて今回は昨日あった超ホットなことを書きます。

まず僕といえば
「ゲイにモテる」という特殊能力を持っています。

これは嬉しい反面(?)面倒くさいこともあります

男にモテる男は本当にいいやつだ

という考え方がありますが
これはちょっと捉え方を間違えると大惨事になることがあるんです。

昨日は12月の初めということで
兄と従兄弟と久々に街に飲みにくり出しました

1件目は居酒屋へ行き
2件目は日本酒バル
そして事件は3件目のショットバーで起きました

3件目に行く頃すでに時間は0時

まあ1杯だけ飲んで帰ろうかっていうノリでたまーに行くお店へ入店

結構混んでるなって思いながら
オーナーにおいっすみたいな感じで軽く挨拶をしようとカウンターへ近づくと

立ちふさがる一人の男

僕を睨みつけていますが
完全に知らない人笑

一瞬思考が止まりましたが
軽くかわしてオーナーに声かけをしたところ

立ちふさがる男がいきなり僕の胸ぐらを掴み

「てめー誰なんだよ」

と求愛行動をとってきたのです

まじか!と思いながら

トラブルなんてごめんだぜという僕はにこやかに笑いながら
「どうしたどうした?」

という質問に対して質問で返してしまいました笑
(これは一番やってはいけないパターン)

相手もびっくりしたのか
2度目の「てめーだれなんだよ」

これは名刺を差し出すべきか
はたまた「ごめんなさい、僕結婚しているんです」と諦めさせるか3秒くらい考えていたら

仲間とみられる155センチくらいの刺青だらけの小人がやってきて

おし、小人よ
この状況をなんとかしてくれるのだな?
と期待したら

まさかの

「こいつヤっちゃいますか?」

まずい
これは集団レイパーだ

しかし僕のバージンをやすやすとレイパーに差し出すわけにはいかない

僕の行動コマンドは

 たたかう
→にげる
 ぼうぎょ
 どうぐ

にげる一択です

たたかうなんてとんでもなし
ぼうぎょ?相手はもしかしたらはがねの槍を持ったやばいやつかもしれません
どうぐ?この状況でどんな道具が有効かなんて考える暇すらありません

逃げようと思い相手の手を振り払い
「それではごきげんよう」と告げると
今度は立ちふさがる男と小人の4本の触手が僕の服を掴み
「待てコラァ!」

くそう、
これは雑魚敵ではなく
ストーリーで必ず消化しなければいけない中ボスまたはボス戦だったのか

よしもうこれは腹を決めて戦うしかない

その前に
なぜ戦うのか
そして戦い終わった後のお互いのメリットとデメリットについて考えてもらおうと思い

冷静に以下の質問をぶつけました

① 1対1で戦うのか
② もしそうだとしたらどちらから戦うか
③ フィールドの選択
④ 武器使用の許可
⑤ レフェリーの選択
⑥入院治療費の支払い方法と補償について

すると6つの質問のうち1つも答えられない2人をみて
僕は形勢逆転のチャンスと思い一気にたたみかけるように

おい小人よ
お前はこの立ちふさがる男のしもべならば
お前から戦うべきだ
フィールドは外
私はこの空いた酒瓶を使わせてもらうぞ
試合時間は1分
レフェリーは無し
いや、というかもう勝負は決まっているようなもんだろうな
ふふふ

言っておきますがこれは全てハッタリです笑

外に出た瞬間ダッシュで逃げようと思っていました笑

すると僕のハッタリがなんと通用しました

小人は
「いや、やるとかじゃねえんだよ」

ははん、小人め!もはやお前には戦う気力も資格も無しだな
まずは1匹潰すことに成功

そして矢継ぎ早に立ちふさがる男に
「残るは貴様一人だ。さあさっさとはじめようじゃないか。血祭りに上げてくれるわ!」

するとまさかの
「てめえは誰なんだよ」

お!?!?!?
そんなパターンが存在するのか!?!?

こやつまさか

自律思考を持たぬ
「キラーマシーンだな!」

こいつは手強いぞ笑

というところで
オーナーが異変に気付き

暴走するキラーマシーンと
戦意を喪失したゴブリン(いやもはやドラキーか)

を回収しにきました笑

しかしここからが機械の恐ろしさ

戦うことをインプットされたキラーマシーンは
オーナーに止められると
なぜか燃え上がる気合を出してきました笑

止められることによって本来の目的を思い出したかのように笑

それでももう面倒ごとに巻き込まれたくない僕は
暴れるキラーマシーンを横目にすたこらさっさと逃げ帰りました笑

さて今回のレイパーゲイ軍団に共通していたことは

① 凶暴であること
② 絡むのはいいがその後のことを考えていないこと
③ 刺青だらけだったこと

の3点です

① と②に関してはもう育ちが悪かったとしか言いようがありません。

30後半のいい歳した男が
酒に飲まれ見境なく人に絡む

でも本当は強く見せたいだけで
心がとっても弱い人たち

心が弱いから
おそらく身体中に刺青をいれたんでしょうね

日本においては海外と違い
刺青やタトゥーは一般的ではありません。

例えばアーティストや自分を使って良い表現をするためのものであれば構わないとは思いますが

昨日のレイパー軍団は
自分を怖く見せたいがためにいれたただの社会的弱者です

ある意味、
俺らには近づくなと警告の意味で入れてるから便利っちゃあ便利ですが
自分から近づいてくるんだからもう厄介でしかない

ここでわかったことは
人は見た目が9割であるということ
(差別的な意味ではなく)

そしてこれはコーヒー屋のブログだから無理くりコーヒーの話とつなげますが笑

ラテも見た目が9割であるような気がします

もちろん味は一番大事だし
とことんこだわらなければいけません

たとえばどんなに美味しい三ツ星レストランの料理も

ショボい皿に盛られてきたらおいしさ半減すると思うんです。

美味しい料理は
見た目も美味しくなければいけない

おいしいカフェラテは
見た目も美味しくなければならない

29歳にして無謀とも言えるかもしれませんが

Ternerさんのように世界の頂点を目指します!

千里の道も一歩から

というわけで今月も2回
青森市のカリスマラテアーティストのもとへ
勉強しにいってきます

コーヒー楽しすぎる!

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

© Copyright LIFE cafe & bar all right reserved.