TOOL

BLOG/EVENT

〜携帯やネットじゃなかった〜

全国のコーヒーファンの皆様

おはこんばんにちは

makotoです

昨日から今日の午前0時にかけて

弘前でラテアート世界チャンピオンの講座を受けてきました。

車で帰ってきたのは午前3時でした。

内容はというと中級者向けのセミナーでしたが

僕以外の人たちは
もうみんな顔なじみ的な感じで

正直僕一人だけ迷い込んできた子羊状態でした笑

ビンビンアウェイ感を感じながら

持っている全ての力を発揮しようとしましたが

こういう時に限って僕は
持っていない男笑

いつもできる技術が1パーセントも出せませんでした

まあ簡単にいうと三沢からわざわざ恥かきにいったようなもんでした笑

しかし

恥は人を強くします。

僕は昨日最大の収穫を得ました。

自分と世界との距離を測れることができたのです。

まずもって、
技術的な部分でダメなところを洗いざらいピックアップすることができました

そして
それがクリアできれば素晴らしいものを作ることができるというノウハウも手に入れられました。

さらに
ラテアートや提供する商品に対する意識も変わり

もう
いてもたってもいられなくなって
就寝したのは午前4時でしたが

現在午前8時です。

全く眠くありません。

ラテアート練習しに店にきてます

悔しさと
新しい世界が開かれたワクワクですぐに目が覚めて

無意識にお店に練習しにきていました。

ここでまた一つコーヒー屋として一皮むけるチャンスかもしれません。

いままでは
やはり周りに教えてくれる人がいないので
動画を見たりして真似するしかありませんでしたが

昨日実際に近くで見て自分で実演してみると

想像していたものとは全く違って

あ〜だからここダメだったんだ

と気づかせてもらうことができました。

つまり
自分が今どの立ち位置にいるのか
それを知りたい時
そういう時は
携帯やネットは一つも役に立たない

僕の場合
ちゃんと指導を受けて
手取り足取りやってもらうことの方が
何倍も早く技術を身につけられるということがわかりました。

ここからは猛練習して急加速してどんどん追いかけていきたいと思います。

恥をかけたこと
ものを知れたこと
悔しかったこと

今年一番の収穫でした。

こうしちゃあいられません。

また練習再開します。

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

〜作られた限界と諦めるための理由〜

全国のコーヒーファンの皆様

おはこんばんにちは

makotoです。

寒くなってきました。

ホットなコーヒーがおいしい季節です

おかげさまで
週に2〜3回は青森市に焙煎をしに行かせてもらっています

一年前
この店を始める時
まさか焙煎までしてしかも焙煎機を買うことになるだなんて
思いもしませんでした笑

というかお店を始める時は
どっちかっていうと
コーヒーがついでみたいな感じだったのに

今や
夜営業やめてコーヒーの方に力を入れているという現実

全くもって人生とはどうなることやらわからないもんですね

先日のことですが
僕のキュートな2歳の娘が
メガネデビューしました。

生まれつき視力が弱く寄り目だったので
そのリハビリ(?)としてメガネデビューです

娘がメガネをかけた瞬間
言われた一言がずっと心に残っています。

僕の顔を見て
「パパが見える」と言ったのです。

いろんな感情が交差して
涙が出そうになるのをこらえながら

心に誓いました。

「この子に、目で見えるものだけでなく、もっともっと違う景色を見せてあげよう」

視力が弱いもんですから
いわゆる運転系の仕事には就けませんし

この先もしかすると色々な制限がでてくるかもしれません。

しかしそんなハンディキャップなんて感じさせない人生にしてあげたい。

僕は
長いこと剣道をしていましたが

片腕がなくても強豪校に入って全国大会に出た人だっているし

レイチャールズのように目が見えなくても素晴らしい音楽を作り出す人だっています。

そして群馬では
アスペルガー症候群という病気を患いながらも
素晴らしいコーヒーを生み出す16歳の少年もいます。

ハンディキャップを抱えながらも
素晴らしいものを生み出す人たちに共通していることは

① 諦めないこと
② 自由な発想
③ 両親や周りの支えと励まし

です。

僕は仕事柄
あまり娘と一緒にいる時間が長くありません。

でも簡単に伝えられる方法があります。

それは

僕がコーヒーという分野でのし上がればいいんです笑

実力と結果で見せつける

そして
こんなアホなオヤジでも
できるんだってことが一番の励みになるんじゃないかと思います笑

よく
人の夢や目標、やりたいことを批判する人がいますが

手が届きそうな目標ばかり言っているより
アホみたいな無茶苦茶な夢を語る奴の方が
よっぽど楽しい人生おくれていると思うんです。

僕の目標は相変わらず世界チャンピオンです

そしてシニアソムリエにもなって

日本で唯一無二の

シニアソムリエ
ウイスキーエキスパート
バリスタチャンピオン

という存在になること

その先のアホみたいに大きな夢のことは
ちょっと自分でもころころ変わっているので書きません笑

世界チャンピオンを目指すんだから
限界なんてないし

諦めることなんて絶対しません

そして
もし夢や目標が叶った時

「そこから見る景色を娘と嫁と一緒に見たい」

そう思ったっていう話です

終わり

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

〜美味しいを知ることは不幸の始まり〜

全国のコーヒーファンの皆様

こんにちは

makotoです。

先日、大事件が起きました。

新商品として入荷した
「タンザニア スイートナチュラル」

ですが

焙煎してきて飲んでみたら

ナッツ!!!

でも

うちのコンセプトに合わない・・・

というわけで

メニューに載せて1日で
メニューから外すことになりました笑

まあこれは好みの問題もありますが

僕は常にワインのようにフルーツ感溢れ
飲んだ瞬間感動する1杯を提供したい
そう思いながら商品構成をしています。

だから今でいうと

ゲイシャ→スイートレモン
アラカ→ストロベリー
ピンクブルボン→ピンクグレープフルーツ
ホンジュラス→ピーチ、アプリコット
ニカラグア→マスカット

もう全部フルーツやん笑

この中に
「ナッツ」って

あっても誰も頼まないし
それ求めてうちの店にはきてないんですね

試しに常連さんに飲ませてみても

あ〜こういう感じね


リピートなしなんです。

表題にもあります通り

「本物」を知ることは不幸の始まりなんです。

一度踏み入れたらもう引き返せない

うちの店でスペシャリティコーヒーの美味しさにハマった人は

2度とスタバやドトールにいけないんです

そして休みがうちの定休日とかぶると

禁断症状が・・・笑

そういうお客様をあと1000人くらい増やしたいもんです笑

もちろん今来てくれているお客様も超大切。

ただ

新しい販路拡大として

来年からはガンガン市外のイベントにも積極的に顔を出したいと思っています。

がしかし!

市外イベントって
準備&片付け
そして人材確保が

まあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜大変なんです

コーヒーのすべての器具を持って

トラックに詰め込んで

着いたら荷下ろししてetc

そういうの煩わしいし
一人でも戦える体制を整えたいので

近々これ買います

全国行脚したいです笑

さて

そんなこんなしているうちに

HOTなニュースです

HOTどころではありません

テンションギガマックスです

先ほどお店のアカウントに
1通のメールが届きました。

他県の方からのお問い合わせで

なんでも
お土産でいただいた当店のコーヒーが美味しくて
衝撃を受けてHPを探して連絡をしていただきました。

そうです。

こういうことなんです笑

本物を知ることは
ある意味不幸の始まり

というわけで
代引きにて地方発送なども承っておりますので
ぜひご注文ください。
※現在商品販売ページ開設中です

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

〜飲 the wild〜新欲~

全国のコーヒーファンのみなさま

こんにちは

makotoです

昨日インスタを見ていたら

知り合いの方が掲載していた記事にびっくり!!

来月の13、14日に

ラテアート世界チャンピオンTerner氏が来青し

講習会をやる!!!

即応募ですよね笑

やっぱりこういう機会ってめっちゃ重要だし

金はないけど

将来の自分への投資だと思って

身銭切っていくしかないでしょうが!!

若いうちから貯金なんてしたってたかが知れてるんだから!!

と行った具合に金がないことをポジティブにとらえるぼく笑

ていうかさ、
今自分の力だけでリッチになってる若者って果たしているの?

絶対いなくない?

いたとしても一握りだよねきっと?

Youtuberとスポーツ選手くらいしか知らないんだけど?

でもそういった職業って、
引退の年齢がとっても早いから
セカンドライフのことが常につきまとうんだろなー

それはそれで何ともやりきれない気持ちでしょうね( ;∀;)

さてさて当店は週1日のお休みをいただいておりますが

休みだからと完全プライベートで遊びに出かけるってことが
あまりありません。

昨日もちょっと車を2時間ぐらい走らせてコーヒー屋さん巡ってきました。

他のお店に行くと
自分の店ってこうなんだな〜

って改めて気づかされます。

逆に
他に行かないと自分のことを知ることはできません。

そして色々な刺激を受けることができます。

昨日は特にいつも以上にたくさん刺激を受け

ほとんど聞き流されていたけど
嫁に1時間もいろんなことを語っていました笑

そしてアウトプットしながらインプットして勝手に自分で目覚めました

「最後に信じられるのは自分の感性だけである」

そうなんです。
今の世の中、スマホ一台あれば10秒で欲しい情報を得ることができます。

そして
情報を得ただけで全てを知ってしまったかのような感覚に陥ることがあります。

でも
僕が今やっている「コーヒー」って
情報だけで全てを知り得ることは絶対にできません。

例えば
エチオピアの豆→フルーティー
というお決まりのパターンの味を容易に想像できますよね?

でも僕が作り出すエチオピアの豆を使用したコーヒーは
絶対に他と全く同じではありません。

とっても自信があります

好き嫌いあるかも知れませんが

そもそも店ってそういうものです

だからわざわざ足を伸ばして休日にあそこのコーヒー屋さんに行ってみようってなるんです

それに付随してランチとか他の目的も三沢市で金使ってもらう

それが各々の個人店舗に課された使命なんです。

ちょっと例のごとく話逸れますけど
日本酒業界はここが失敗してしまったと思っています。

本来、地酒っていうのは
読んで字のごとく地元の酒なんです

地元の酒だったのに
売れるようになったまたは地元だけでは苦しいからって
全国各地の酒屋に卸して飲めるようになってしまう

つまり作られている土地には来なくたって良くなってしまうんですね

そうなるとその酒蔵はその土地にある意味ってあんまりなくなってしまう

それが悪循環で今度は地元の人に相手にされなくなってしまう

そして大して地域貢献もできなくなってしまっている酒蔵がちらほら見受けられます。

まあでも酒蔵だけが悪いわけではありませんけどね。
全て書こうと思うときりないのでこのくらいにしておきます笑

で話を戻して笑

僕は常にコーヒー豆を焙煎するとき

「赤ワイン」をイメージして焙煎しています。

その過程でもちろん失敗することもありますが

基本的には僕の師匠であるコーヒーカラーズ木村さんの教えを守って焙煎しています。

しかしもちろん全く同じに焙煎するだけでは
ただのチェーン店舗になりますので笑
自分なりにアレンジを加えていくことで味わいはカラーズさんとは違ったもののなっていきます。

じゃあどんな風に、何を元にアレンジしてるんですか?

これ大事な質問です。

もちろん、ネットで調べたり本読んだり
有名とされる方の焙煎記録だったり
ロースティング大会の上位入賞の焙煎記録だったり

たくさんのデータを参考にした時もありましたが

結局しっくりきませんでした。

で最終的に行き着いたのが

「直感」
「野生の勘」(笑)です。

もうね、
「味」っていくら科学で解明しようとしても
全てはできないと思います。

飲んで
「これ美味い!」と思ったものが正解だと思います。

コーヒーって嗜好品です。

頭で飲むもんじゃないんですよ

あれこれ考えてやるのは提供者側の仕事

飲むお客様は
「美味しくて安全」であればそれでいいんですよ笑

その「美味しい!」の算出方法は人それぞれで

もちろん科学的に考えて
秒単位で刻んでベストローストを探す人もいます。

そういう人は多分僕のやりかた嫌いかも知れません笑

でも
結局美味しきゃいいんです

こんな野生の勘を信じて焙煎してる奴のコーヒーが
いつかニューヨークで飲まれることをひそかに夢見てます笑
手の届きそうな目標なんて持ってもつまんないから
アホだなって思われても結構!
まだまだどんどん取り込んでいきまっせ!!

というわけで

今回は

In(飲) the wild→野生
新(NEW)欲(YORK)→New York

でした笑

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

〜天下一葡萄会 幕開け〜

全国のコーヒーファン

そしてワインラヴァーの皆様

こんにちは
makotoです。

来たる11月17日は

何の日かご存知でしょうか?

そうです、
当店の1周年であります。

本当に
今日までやってこれたのは当店を利用してくださっているお客様のおかげです。

改めて本当にありがとうございます。

さて1周年を迎えるにあたり

やっぱり通常営業ではなく

パーリーを催したいと考えております!!

11月17日ではなく

前日の11月16日(金)にやります!

お気付きの方はあまりいない

いや、もしいたら相当なワインラヴァーです

そうです!
ボジョレーヌーヴォー解禁の翌日です!!!

もちろんですが
この日の飲み物はボジョレーヌーヴォー!!!!

軽食付きで一人4000円!!

19時から21時までの2時間です!!

定員は15名とさせていただきます

ぜひお待ちしてますよー!!

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

〜サイバーゾンビ→人間〜

全国のコーヒーファンの皆様

おはこんばんにちは

makotoです

突然ですが皆様

1日にスマホを何時間閲覧していますか?

最近僕のアイフォンをアップデートしたら
新機能で
今日あなたは何時間スマホを見ています
その内訳はこうです・・・

といった具合に勝手に診断してくれるようになりました笑

その数字を見て驚きました。

なんと2時間半も閲覧していたのです( ;∀;)

2時間半もあったら本たくさん読めるし
勉強できますね

僕の場合テレビを全然見ませんので
Yahoo!ニュースだったりyoutubeでラテアート見たりという感じですが

それにしても見過ぎですね

最近SNSをやめたばっかりですが
それでもまだこんなにスマホを見ているんですね

そんな自分を嫌になったので
新聞を取ることにしました。
日々の時事ネタは新聞を読もう。
そこからもっと気になることがあったらネットで調べよう

なんか徐々に昔の生活に戻りつつあります。大丈夫かな?笑

ところで
よく酒を飲んだときに言うことがあるんですが

自分はワンピースでいうところのサボを目指したいんです。

注)ちょっとややこしいこと書きますので

サボといってもサボ目線のサボではありません

ルフィ目線のサボです。

僕の中でのルフィは
東京や海外で活躍されている僕の尊敬する先輩であったり
師匠です。

ルフィにとってサボは長い間死んでいたと思っていた兄弟でした。
そして本編にもちょっとした部分でしか登場しなかった
もはや忘れられていた存在だったのです。

(実際は超有名な革命家ドラゴンに救われめっちゃ鍛えられ強くなります。)

しかしルフィがどんどん名声を上げ
実力をつけていくとともに進む道は険しくなっていきます。

そして結構ピンチの時に
いきなり登場して
びっくりするくらいの強さを示します

そう、
おれはこのポジションになりたいんです笑

テレビ番組でもやってますけど

「あいつ今何やってんの?」
「消えた天才」

それと同じで

今やSNSをやめた僕から
今何やってるかって知るには

ここの店に来るか僕に直接連絡するしかありません。

そしてみんながふと

「makotoって何やってんだろな?」

って思って連絡を取ってみた時に

「すげーやつになっていたい」のであります。

SNSで不特定多数の人に自分の近況を報告してたら
別に会いに行かなくても良くなるような部分ってありませんか?

これってすっごく寂しいことだと思うんです。

久々に会った友達がいるとします、
でもその友達はSNSで自分の近況をほとんど知っているから

飲みにいっても別にいつも通りすぐに昔に戻れるんです

酒を飲みながら
これまでにどんな経緯で今に至ったのかっていうエピソードを聞くことが一番楽しいことなのに・・・

居酒屋行ってもスマホいじってSNS見てる人が多いのは
会う前からもうわかっていることが多いからなのかもしれませんね。

「こいつのことほとんど知っているから別に話すことそんなにない」状態なんですね笑

こんな感じだから
何しててもあんま面白くないし
満たされない

これが今の人間なんじゃないかと思います。

スマホの普及によって

日常の楽しさが4割増します
その代わり非日常の楽しさが4割減ってます

そうなると非日常なんていらなくなってくるんですね

でも僕たちサービス業は
非日常を売りにする商売ですから

いらなくなられちゃあ困るわけです

だからというわけだけではありませんが
当店ではフリーWi-fiを提供していません。

カップルで来店されて
お互いずっと携帯しか見つめていないという状況が悲しすぎたことがあるからです笑

もしこの記事を読んで
あぁ、自分サイバーゾンビかもしれない

と思ったそこのあなた

試しに一度SNSから離れてみてもいいかもしれませんよ。

SNSから離れることは「不安」かもしれません

なぜなら
心が弱い人は何かに依存したがるからです。

たちの悪い宗教(全てのことではありません)なんかがいい例で
いるかいないかわからん神様にすがりついて
金を使い果たし身を滅ぼす

それでも信仰するのは
人間の心の底には
人には言えない悩みや口に出せないことを誰かに吐露したいという欲望があるからなんだと思います。

(これ、SNSでも同じことが言えますよね。
悪いことしましたーって捕まることが解っているのに投稿する人とかこういうことですね)

それを宗教を媒体にしてなんらかの形で吐き出すことで
心が軽くなったり
あぁ気持ちがいい
という状態になりたいわけであります。

人間は幸せとは何かがわからない生き物です
しかし反対に不幸とはどんなものかわかります。わかりやすいほどわかります。
不幸になんてなりたくありませんよね?

「時代についていけない」というのは現代の若い人たちにとったら
一種の不幸なのかもしれません

この「時代についていけない」イコール「ダサい」という不幸に抗うため必死でSNSを使い発信する

人間誰しも毎日が順風満帆ではありません
プライベート、仕事、はたまた恋愛などなど
予期しない様々なことが起こります。

しかしふと立ち止まってみると

なんでこんなちっぽけなことで悩んでいたのだろう
と、自分がアホみたいに思えてくることがあります。

本当は足がつくのに
ばしゃばしゃと溺れる!溺れる!って騒ぎ立てていたような感じですかね笑

じゃあ
その「ふと立ち止まる」時っていうのは?

人によって違いますが

僕の場合
今のところ「筋トレしている時」と「スケボーしている時」です。

こんなふとした瞬間
新しい自分を感じているかの感覚になります。

でも本当はもともと持っていた自分なんですよね
ただ、自分に純粋に従って何かをするということを忘れていただけのことなんです

僕はもともと「人にしか作ることのできないもの」と「自然の力によるもの」を見ること感じることが大好きです。

例えば
超有名で行列ができるラーメン屋さんで
突き抜けるくらいのラーメンを食べてみたいとか

とにかく頂点のものを感じてみたいんです

逆に
自然にしか作り出せない絶景を見てみたい
サーフィンでいう同じ波には2度と乗れない的な笑

つまり機械によって作り出されるモノやコトというのはたかが知れているからいいやっていう考えです

じゃあ僕がみなさんに提供できる
「非日常&ふと立ち止まる時」っていうのは

もちろんコーヒー屋ですから
「超絶美味しいコーヒーを提供する」
これに限りますね笑

こんなに美味しいコーヒーあったんだ!!

って一瞬でも感じさせることです

さてここまで散々SNSダメだみたいなこと書きましたが

もちろんポジティブな使い方と意見だって知ってます。

例えば
みんなに共有すべき情報があったりしますよね
・ 行方不明者の捜索願
・ 募金活動

などなど
そういう使い方は大いに応援します

つまり何が言いたかったかっていうと

忘れました笑

ていうかパソコン打つの疲れました笑

例のごとく意見まとまりませんでしたが

最後に一言

ながらスマホはやめましょう

以上です

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

〜誰がために豆を焼く〜

全国のコーヒーファンの皆さんこんにちは

makotoです

昨日大阪から帰って参りました。
帰って来てその足でそのまま青森市へ焙煎に・・・

今週土曜日のハロウィンフェスタ三沢では

外で出店やりますので
その分を気合い入れて焼いてきました。

さて今回大阪へ行ったのはもちろんコーヒーが目的です。

というかTakamura Coffee Roasterへどうしても行きたいいや行かなければならなかったのであります。

なぜなら僕が目指しているビジネスモデルだったからです。
ワインとコーヒーの店というコンセプトは
今まさに僕がソムリエでありバリスタであるというところで

この先おそらくやらなければいけなくなるであろう業態です。

これについては最後に書くとして

まず僕にとって
大阪の街を観光するのが人生初だったので

若干ビビってました笑

テレビでお笑い芸人さんたちが話すようなわけわからんおっちゃんがいたり
オラついた輩に絡まれたりしたら嫌だな・・・といった感じで

しかし実際の大阪は
結構うるさい感じの街ではありませんでした。

心斎橋近くの
アメリカ村という観光地は若者で溢れ
原宿みたいな雰囲気でしたね

でそのアメリカ村の中(?)にある
リロコーヒーさんへまずお邪魔しに・・・

店内は広くはないのですが
月曜日の17時だっていうのに満席!!

おおこれはさすが有名店だなと思いながら
注文をしにレジに行くと

Drip Coffeeだけで10種類以上も( ;∀;)

さすがに何が何だかわからないので
浅煎りのルワンダと中深煎りのドミニカのコーヒーを頼みました。

正直僕は浅煎りのコーヒーが苦手です。
何がってあの酸味が苦手なんですね

けれども東京をはじめ世界的に浅煎りのコーヒーが流行っているっていうから
無理やりコーヒー屋さんでは浅煎りを注文しては

うん、自分のやっていることは間違っていないって思っていたり・・・

はい、皆様大変申し訳ございません

この記事を書きはじめたのが10/18の木曜日なんですけども

現在10/20の土曜日
午後18:30です。

だいたいいつも一人営業なもんですから
ブログ書いていてもお客様が来られるともうそこでストップなんですね

じゃあ終わったあと書けばいいだけの話なんですが

ドタバタで木曜、金曜と営業終わった後も青森市に焙煎行って来たので
時間ありませんでした( ;∀;)

んで
木曜日に記事を書いているときは
おっしゃ
書いたろと思って色んなこと思い出しながらだったんですが

正直二日経った今
何書くんだったっけって忘れてしまいました笑

なのですみませんが
超中途半端ですけど
今回はここで終わりです笑

大阪旅日記は
もう少し落ち着いたときに
改めて書きますので!

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

〜ユリイカ〜

コーヒーを愛する全国の皆様

こんにちは

makotoです。

今日はとっても珍しい1日でした。

まず初っぱな
世界各国を自転車で巡っている冒険家に出会いました。

日本人の方なのですが
今現在、いろいろ思うところあって
外国ではなく日本を
北海道から沖縄まで縦断中とのこと。
しかも行く先々でコーヒーを提供しながら冒険しているそうです

そして冒険家の方が帰られた後

アメリカ人の方が一人でカウンターに座り
怒涛の英語で僕に話しかけて来ました笑

その方は
世界中を仕事で点々としていて
明日三沢からアラスカへ行くとのこと。

しかも三沢には1週間しか滞在しなかったそうですが
とっても素敵な街だよと言ってくれました

さて
ぼくがこのお店を始めた理由の一つですが
LIFEという映画に影響されました。

LIFEとは雑誌(会社)の名前なんですけども
その会社のスローガンが
世界を見よ。危険に立ち向かえ。壁の裏側を見よ。もっと近づいて、お互いを知れ。それが人生の目的なのだから。

という文章です。

今日僕が出会った人々は

世界を見て
危険に立ち向かい
壁の裏側を見て
もっと近づいてお互いを知ろうとしている人たちでした。

そしてLIFEというお店はHPのページにも載せてあるとおり
三沢という町がいろんな人々の人生の通過点であり、人と人が交差する町であって欲しい。

そしてその町のコーヒー屋としてお話しする場所のひとつでありたいと思っています。
今日はまさにそんな使い方をしてもらえた1日でした。

LIFEには生活という意味があります。
このお店はみなさんの生活の一部としてあってほしいし
生活の一部であるためにコーヒーというツールを使って日々自分を表現しています。

人生とは長い旅で
その旅の通過点やいい影響の一部になれたらなあって思ってコーヒー淹れてるんです(カッコつけすぎ笑)

もちろんこのお店は自分にとってもいい影響の一部になってます。

例のごとく話は逸れますが

ドラクエってゲームありますよね?

ゲームしない方はわからないかと思いますが
御構い無しに書きます笑

僕は
ドラクエのルイーダの酒場の雰囲気が大好きなんです笑

カウンターの店員に話しかけると

ここはルイーダの酒場。旅人たちが仲間を求めて集まる
出会いと別れの酒場よ。

と言われます。

もうこれだけで超楽しそうな酒場じゃないすか?笑

おそらく2度と出会わないであろう人たちと
様々なことを語り合えるんです。

逆に気の合うやつと出会ったら
そのまま一緒に行動するとかっていうのもあり・・・?

じゃあそれを目指す当店は
さしずめルイーダの珈琲屋といったところか笑

旅をしている皆様に
幸あれ

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

〜自分を信じるという覚悟〜

全国のコーヒーファンの皆様

こんにちは

makotoです

最近ブログの更新頑張ってます笑

昨日ですが

コロンビアのピンクブルボンという豆が新入荷しました

このピンクブルボン、豆の希少性もそうですが

味わいを決めるのが非常に難しいです

コーヒーを飲み慣れている方なら

「あ、これなんか今まで飲んできたのと違う」

って感動してくれる方が多いのですが

あまりまだ飲み慣れていない初見の方だと

絶対にお勧めしません笑

一言で表すならば

「ラズベリーチョコレート」

まず口に含んだ瞬間

ラズベリーやピンクグレープフルーツなどを思わせる

「溌剌とした酸味」

それがすっと消えて

今度は

「ミルクチョコレート」

そして余韻が長く

最後にまた

遠くの方で酸味を感じ消えていきます。

まさにラズベリーチョコレートでしょ?笑

でもこれ、浅煎りではなく

2ハゼまでしっかりもっていってるんです。

つまり「豆本来のポテンシャル」なんですね。

すっっっっっごい面白い豆だなって思います!

ただ当店に来られるお客様は

「酸っぱくないコーヒーちょうだい」

って言う方が非常に多いので

そういう好みの方には向きませんね。

このピンクブルボンもそうなんですが

以前パナマゲイシャを焙煎した時も

正直言って自信がありませんでした。

なにがって

パナマ エスメラルダゲイシャって

ワインで言うところの

ロマネコンティなんです。

経験もないひよっこのぼくが

ロマネコンティのワイン作れって言われたらそりゃあビビりますよね(じゃあなんで焙煎したんだ笑)

でも

なんでじゃあそんなの手だしたって言われたら

「周りにやってる人少ないから」

そして

「やらなきゃ始まらないから」

なんです。

最近テレビで
寿司職人を養成する専門学校なるものの密着ドキュメンタリー番組を見ました。

たった数ヶ月の修行を経て
そのまま自分の店を持つ人や
そこからお店に修行しに行く人etcという内容のカリキュラムに対して

現役の寿司職人や食通たちがあーでもないこーでもない
批判意見を言う番組で

なんだこれ批判ばっかしてつまんねー。
好きで学んでるんだからいいじゃねーか
そもそも普通に修行しようと思ったら地味な仕事何年もやらされて結局いつ寿司握れんのかわかんねーよりだったらこっちに方がいいじゃん
と心の中で思ってても

でも出演者たちはダメだとかしか言わないから気分悪くなってチャンネルを変えようと思った瞬間

電撃が走りました。

なんとここの専門学校卒業後

すぐに独立した三人組が始めたお店が

ミシュランで1つ星を獲得しているとのこと

それを見た
さっきまで批判していた人たちは

急に
「やっぱりいいかもしんねーな」

とわかりやすい手のひら返し笑

これは僕の持論ですが
十年修行したって一人前になんて慣れないと思います。

自分で店を持って

いろんな経験を経てこそ
一人前に近づいて行くものなんです。

今までいろんな仕事をしてきたからこそわかります。

店長になろうが

バイトリーダーになろうが

結局表面的な仕事がメインで

事務処理だったりお金のやりくりだったり
すっごい地味でめんどくさい仕事は知らないままです。

でもこういうのってすごく大事なことだったりするもんなんですよね

十年修行してある程度箔がついてから開業しても

きっと
たっっっっっくさんわからないことってでてきます。

そして一番は
暇な時に頭によぎる
「店が潰れたらどうしよう」という不安と戦い続けるという・・・

独立して開業した時に
理想はもちろん常に忙しいことですよね

しかし現実は厳しいもんです。

圧倒的に厳しいものなんです。

悩みすぎると
「もしかしたらうちの店っておいしくないのかな?」
「もう流行に乗れていないのかも」

とかいらぬことを考えてしまいがちです(僕も一時期ありました。)

だがしかし!

もはやそんなこと考えたってどうしようもありません。

自分を信じるしかないんです

少しでも疑いそうになったら

「一度休んで旅行に行く」ことをおすすめします。

他の土地に、他の店に、他の国に行くことによって

自分の店ってこうなんだなって知ることができます。
もし直したいところがあれば直せばいいし
良い部分は残せば良いだけです。

ズーッッット自分の店にこもっていては自分のことなんてわかりません。

何度も書きますが
店を続けていくうえで一番重要なのは「気持ち」です。
「熱い気持ち」なんです!つまりパッション!!

熱い気持ちを持つためには自分を信じることから始まるんです!!!

これ一本でどこまでも登ってやる!!
俺が間違いなく一番だ!!
そう自己暗示しましょう。

ただしお客様にはそれは伝えないほうがいいです笑

はい、例のごとく話は逸れました笑

でまぁ、
つまるところ言いたいのは

何年も修行するのが無駄だとか
早く独立しろとかって言う話ではありません。

「本物」を目指して
やっていることについてくる人(お客様)がいて
商売になるのだったら

時期は関係ないってことです。

悲しいことに
世の中では結果が全てなんです。

こだわりにこだわり抜いても
結局繁盛しなくて
商売にならなかったら
意味ありません。

逆にビジネスライクにはしりすぎて

安くてまずいものを提供するのも

もうありふれているので流行りません。

自分がこれだと信じたもの
そして
それを提供して
商売にしていくんだ

自分を信じることができたのなら

自信を持ってやっていきましょう!

僕もまたエスメラルダゲイシャ仕入れたんで頑張っておいしく焼くから!!

かくいう僕も
偉そうにこんなこと書いてますが

別に繁盛しているわけではありません笑

でも
この不景気のなか
戦い抜く同志・同業のために(果たしてこの記事を読んでいるかわかりませんが笑)

少しでも元気付けられたらと思って
ポジティブなことを言い続けます!

最後に

ついさっきの出来事ですが

当店の期間限定商品

「メキシカンラテ」
を飲んで興奮しながら僕に語りかけてきたメキシコ人女性がいました。
日本人の女性の方が通訳してくれたのですが
どうやら当店のメキシカンラテが
そのメキシコ人女性の実家のおばあさんがいつも作ってくれる
メキシコのお菓子と全く一緒の味で感激した!!
どこでこのレシピを聞いたの??メキシコの田舎のお菓子なのに!!
とのこと。。。
写真でそのお菓子を見せてくれたのですが
見た目まで一緒でした笑

なんていうお菓子の名前かは聞くのを忘れましたが
奇しくも本場のお菓子の味を再現してしまうmakoto

まさか天才?(謙虚になれよ笑)

レシピですのでもしよかったら作ってみてください

「メキシカンラテ」

①シナモンパウダーを入れたカップにエスプレッソ(シングル)を入れる
(できればエチオピアの豆が好ましい)
②200ccの牛乳にダヴィンチバニラシロップ23cc入れてスチームして①と合わせてラテを作る
③キャラメルエスプーマを乗せる
④ハーシーチョコレートソース、キャラメリーゼソルトナッツを砕いたもの、チョコレートスプレーでデコレーション
出来上がり❤️

エスプーマレシピ
生クリーム200cc 牛乳200cc ダヴィンチキャラメルシロップ100cc

決してステマではありません笑

あ、お知らせですが

来週の月〜水
大阪に出張のためお休みとさせていただきます!

TakamuraCoffeeRoasterに行って
めっちゃ刺激受けてこようと思いますので!!

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

〜コーヒー屋さんということ〜

全国のコーヒーファンの皆様

おはこんばんにちは

makotoです

じつは最近、結構インスタアップしてたんですけど

ことごとく記事が反映されておらず

時間かけて文章書いたのに(怒)

という気持ちと

ついに携帯ぶっ壊れた(悲)

という気持ちでもうなんか心の中が曇りでした笑

でそれを嫁に相談したら

どうやらハッシュタグを30個以上書くと

記事消えるらしいんですね

知りませんでした。

無知さを改めて実感した秋の初めでした。

まあそんなことはさておき

この世の中って

たくさんの職業がありますよね。

今回は「職業」ということに対しての記事です。

僕は割と感受性豊かっていうか
影響を受けやすいタイプなので

異業種の人と話をするのが大好きです。

例えば髪を切ってくれる美容師さんだったり

寿司職人

ウェブデザイナー

銀行員

市役所の職員

とにかくジャンル問わず様々な職業についている知り合いがいますが

そういう人たちと接する中での共通点(?)があって

大抵、出世しているひと又は出世するだろうなと思う人

って

みんな絶対「話が面白い」です。

この「話」っていうのは

仕事に関する話ではなく

普段何気なくする会話でのことです。

例えば美容師さんだと

髪切っている間にちょいちょい趣味の話だったり
プライベートの話しますよね?

んでこのプライベートとかの話でしょーもないことでもいいんですけど

今まで僕がここの美容室いいなって感じるところって

散髪の技術だけではなく

会話が楽しいところを選んでいます。

話してて
「いや、くそつまんねーなあんたの話」

って思ったところって

大抵自分が思ってる髪型にしてくれたことはありませんね。

多分この「会話の面白さ」って

「どれだけ相手のことを考えて話しているか」

と全く同じだと思うんです。

つまり話がクソつまんない人って「自己中」な人が多いんじゃないでしょうか?

会話はキャッチボールというように

投げ続けるだけのものでは成立しません。

キャッチもしなければならないし

それだけではなく

時と場合によってはもっと複雑で

ダウンロードしてインストールして情報処理してアウトプット・・・

ちょっと難しくなってきましたね笑

んで、面白い話をする
ということは

どんな風に喋ると相手は笑ってくれるだろうか

って意識しないとできません。

つまんない話より面白い話の方がもちろん満足します

ということは

面白い話をできる人というのは
「相手のことを常に考えて話すことができる」人間なのです。

つまんない話を延々とくどくど話すとというのは

相手のことなんざ知ったこっちゃないって思っている人が多いと思うんです。

この記事を読んでいる専門職の方がいらっしゃったら
もしかしたらこういう反応が出てくるかもしれません。

「寿司屋は寿司だけ勉強すりゃあいいんだよ」

こう思っていらっしゃる方

考えを改めた方がいいかもしれません。

カウンターのお客さんに延々と魚の話や握り方の話なんてしたって

正直店を出た瞬間9割内容は忘れますから笑

もっというとgoogleという最強のツールがあるので。

大事なのはバランスで、

自分のこだわりはチラ見させつつ
いろんなジャンルの話ができる

これが一流だと思うんです。

めちゃめちゃ斬れる刀って

持ってたら自慢したくなると思うんですが

常に見せて歩いてたら

周りのみんなも飽きますよね

女性が男性の「ギャップ」

に惹かれるように

常に斬れる刀は
鞘に収まってこそオーラを放ちます。

いつでも抜ける状態にしておけばいいだけのことなんです。

ぼくはコーヒー屋さんですが

来られるお客様全員に
コーヒーの話するわけでは全くありません。

聞かれたら小出しに答えていきますが

基本的には
趣味の話だったり時事ネタだったりと

関係ない話をすることの方が多いです笑

もはや
「接客のツールとしてのコーヒー」みたいになってます笑

でもこれ、機械には絶対に真似できません。

コーヒーの知識は1000個言えても
面白いことを言うことは機械にはできないのです。

もちろん僕も多少コーヒーについては心得てるつもりですが

COFFEEとは読んで字のごとく

真ん中に「OFF」と言う文字があり

OFFの時にゆっくり飲むものなんです。

そんな時わざわざ僕の能書きなんて聞きたくもないっすよね笑

興味があったら聞けばいいだけの話で。

もしかしたら僕はコーヒー屋じゃなくて

お話屋さんなのかもしれません笑

——————————————————————————
屋号 LIFE café&bar
代表者 中居 亮 〜makoto nakai〜
資格 ソムリエ(JSA)/ ウイスキーエキスパート / テーキラマエストロ / ラムコンシェルジュ / 調理師免許
所在地 青森県三沢市中央町2丁目8-3 スカイプラザミサワ内
電話番号 0176-51-3616
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日 ※年末年始
問い合わせ info@life-cafebar.jp
——————————————————————————

© Copyright LIFE cafe & bar all right reserved.